エストのモノづくり

est=essence of SOFINA technology 「その化粧水は、肌の悩みにきちんとよりそえているか」「日々欠かせない存在となれるのか」これまで、何千何万という女性の肌を見つめてきたソフィーナ。30年以上の間、角層本来の機能と構造を学び、肌が美しくあるためのしくみを解き明かしてきました。その徹底的な研究の積み重ねを、エストの技術へ。商品へ。そして、あなたの肌へ。

est=essence of SOFINA technology 「その化粧水は、肌の悩みにきちんとよりそえているか」「日々欠かせない存在となれるのか」これまで、何千何万という女性の肌を見つめてきたソフィーナ。30年以上の間、角層本来の機能と構造を学び、肌が美しくあるためのしくみを解き明かしてきました。その徹底的な研究の積み重ねを、エストの技術へ。商品へ。そして、あなたの肌へ。

est=essence of SOFINA technology 「その化粧水は、肌の悩みにきちんとよりそえているか」「日々欠かせない存在となれるのか」これまで、何千何万という女性の肌を見つめてきたソフィーナ。30年以上の間、角層本来の機能と構造を学び、肌が美しくあるためのしくみを解き明かしてきました。その徹底的な研究の積み重ねを、エストの技術へ。商品へ。そして、あなたの肌へ。

現代女性は、過酷な環境を生きている。

東京のオフィスは砂漠並み

自分なりに保湿ケアを頑張っているのに、どうしてもカサつく。ひどい乾燥に、いろんな対策を試行錯誤している。そんな経験が、あなたにもあるのではないでしょうか。今を生きる女性たちの乾燥への悩みは、尽きることはありません。実は、空調の効いたオフィスなど閉め切った室内の湿度は20%台に下がることも…。現代女性は、砂漠にも匹敵する過酷な乾燥環境の中を生きているのです。

そんな女性たちの肌に。エストの新化粧水

ソフィーナ30年以上の角層における保水研究の結晶、“高持続ケラチン保水処方*1”を
新化粧水に採用。
肌の角層細胞内の潤いを保つため、
砂漠の塩湖を生き続ける極限環境生物*2
生み出す成分「エクトイン」が持つ“保湿力”に着目しました。

独自の保水研究との融合により完成した、
ソフィーナ究極の貯水*3化粧水です。

*1 エジプトの塩湖で発見されたHalomonas elongata
*2 角層細胞の中のケラチン線維に水分を抱え込ませ、潤いを保ち続ける
*3 角層のケラチン線維に水分を補い、肌の潤いを保つ

モノづくりに関わる、開発者の想い

開発研究第一セクター スキンケア研究所 主任研究員 稲葉 さやか

開発研究第一セクター スキンケア研究所 主任研究員 稲葉 さやか

開発研究第一セクター スキンケア研究所 主任研究員 稲葉 さやか

今回の新シリーズは、研究員一丸となって技術の飛躍的な進化を目指し、試行錯誤を繰り返して完成した、私たちの自信作です。
化粧水のこだわりポイントは、とろみのあるテクスチャー。どんな方が使っても気持ちよくすーっとなじんでいく感触にすることが一番難しい開発ポイントでした。
つけた瞬間から満足いただける使用感になっています。

化粧品事業ユニット ソフィーナ事業グループ開発 開発リーダー 由本 洋子

化粧品事業ユニット ソフィーナ事業グループ開発 開発リーダー 由本 洋子

化粧品事業ユニット ソフィーナ事業グループ開発 開発リーダー 由本 洋子

エスト究極の化粧水を開発するということで、「保水」をとことん追求しました。
自分自身乾燥肌なので、同じように乾燥に悩むお客様のことを考えながら、納得できる商品を実現するために、何度も確かめました。
自信を持っておすすめできる1本になりました!是非ともお試しいただきたいです。

作成部門 パッケージ作成センター 商品デザイナー 鈴木 愛佳

作成部門 パッケージ作成センター 商品デザイナー 鈴木 愛佳

作成部門 パッケージ作成センター 商品デザイナー 鈴木 愛佳

エスト“究極”ということもあり、覚悟をもってデザインに挑みました!
とろみのある化粧水の潤いを表現するボトルの透明感や、生命力を感じるオレンジ色の再現が、こだわりポイントです。
スキンケアは1日の始まりに使うものなので、気持ちが高揚したり、癒されたり、女性に寄り添い応援する存在になれるように。
そんな想いをパッケージに込めました。

  • エストが目指す肌

  • エストのシンボル

  • エストのモノづくり

  • エストのスキンケア3STEP

  • エストのカウンセリング

  • @cosme

  • instagram

  • est WEB MEMBER

Page Top