kv_01

kv_01

sp_kv_01

kv_02

kv_02

sp_kv_02

kv_03

kv_03

sp_kv_03

2020年 受賞ベストコスメ


  • logo_award

・Numero TOKYO BEST BEAUTY AWARD 2020 2020年ベストコスメ 美容機器部門 第1位
・ヴァンサンカン ビューティ・メダリスト大賞2020 美容機器部門 第1位 エスト バイオミメシス ヴェール
・WWDビューティ ベストコスメ2020 百貨店・セミセルフ部門 3位 バイオミメシス ヴェールディフューザー
詳しくはこちら
VOGUE BEAUTY AWARDS 2020 ベスト オブ ビューティー賞*
・VOGUE BEAUTY AWARDS 2020 ブレイクスルー賞*
・MAQUIA ベストコスメ2020上半期 ビューティギア部門 1位
・美ST 2020年上半期ベストコスメ 美容家電部門賞 1位
・GLOW 2020年上半期ベストコスメ 美容家電部門 1位/選者MyBest(個人賞) 中野明海賞
・マリ・クレール ボーテ大賞2020 日本賞

*受賞アイテム:エスト バイオミメシス ヴェールディフューザー

HOW TO

ご使用方法・ステップ


STEP

日中ご使用の場合の注意事項

●以下のような場合は、短い時間でよれやはがれ等が生じることがあります。
・顔をこする、触る、ハンカチやタオル等でこする。
・汗をかく、激しいスポーツを行う。
※上記以外にもよれやはがれが生じることがあります。

●エスト UV プロテクト セラムの後にヴェールエフェクターを塗布する際は、エスト UV プロテクト セラムをこすり取らないために、ヴェールエフェクターを手のひらに広げ ハンドプレスするように表面にのせます。
※エスト UV プロテクト セラムがきちんとなじむまで少し時間を置いてからヴェールエフェクターを重ねることをおすすめします。

〈落とし方〉エストUV プロテクトセラムをご使用の場合は、ヴェールをはがした後、洗顔料でていねいに洗ってください。ヴェールがはがしにくい場合は、水または化粧水を含ませたコットンでふきとってください。
※はがしたヴェールは排水溝に流さず、ごみとして捨ててください。

使い方動画

ヴェールアプリケーターの使い方

使う前の準備

使っている際の注意

〈POINT 1〉距離感に注意

〈POINT 2〉使用部位に注意

ヴェールが出にくくて困ったとき


AR How To

AR技術で一人ひとりに合わせた
使い方をレクチャーします。
LIVEカメラでお試しいただくため、
スマートフォンをご利用ください。

AR How To

AR技術で一人ひとりに合わせた
使い方をレクチャーします。
LIVEカメラでお試しいただくため、
スマートフォンをご利用ください。

下記のQRコードを読み込んでください。

est_qr_ja

推奨環境

iPhone:iPhone7以上/iOS12以上
Android:OS7.0以上

  • スマートフォンよりご利用ください。※パソコンではご利用頂けません。
  • カメラ機能などでQRコードを読み取り、URLをブラウザで開いてご利用ください。
  • LINEやYAHOO!等のアプリではご利用頂けません。最新版ブラウザ(Safari/Chrome)でご利用ください。
  • 推奨環境であっても、一部対応できない機種がございます。
  • 通信状況によっては、つながりにくい場合がございますのでご了承ください。※Wi-Fi環境でご利用ください。
  • カメラを利用したコンテンツのため、カメラへのアクセスを許可してご利用ください。

ARHowToを使いこなすコツ

コツ1.
スマホをたてかけてからスタート!

anim_tips01

コツ2.
2回目以降は、カンタンアクセス!
ショートカットを作成しよう。

[Chromeの場合]

img_browser_chrome

メニュー機能のアイコン(赤枠)から
ホーム画面に追加

[Safariの場合]

img_browser_safari

メニュー機能のアイコン(赤枠)から
ホーム画面に追加


お使いになる前の準備


sp_no01

ヴェールポーションのノズルを押し込む

“ノズル”と袋の上部の“硬い部分”を持ち、
下に向かって強めに押し込みます。

sp_prepare_01

・グレーの部品と白い部品の間のすき間が見えなくなるまで押し込んでください。
・押し込まないと液が出ず、ご使用になれません。

sp_no02

ヴェールポーションをセットする

ヴェールディフューザーのカバーを外し、
挿入口にヴェールポーションを図の向きにセットします。
カバーをカチっという音がするまでしめます。

sp_prepare_02

使い方


STEP.1

ヴェールエフェクターをつける

ヴェールエフェクターを2〜3プッシュ手に取り、
両ほお・ひたい・鼻・顎にのせ、顔全体に塗り広げます。

img_01

STEP.2

通液を行う

モードスイッチをしずくのマークに合わせ、
メインスイッチを押して、ノズルの先端に液がしずく状にたまるまで出します。
(液はティッシュで拭き取ってください)
※ヴェールディフューザーを使用するたびに毎回行います。 

sp_use_02

STEP.3

ヴェールを吹き付ける

[ご使用部位]両ほお・ひたいに使用してください。

モードスイッチを2に合わせ、ヴェールディフューザーを図のように持ちます。

ふき付ける際に、まつ毛についたり、目に入る場合があるので、
付属のアイガードを目の周りにあてながら吹き付けてください。

img_03

顔から約8cm(こぶし1つ分)離し、ほおの外側から、
内側に向かって、ジグザクにゆっくり吹きつけます。

sp_use_04

ふきつけたところが白くなるくらい、ゆっくり吹きつけます。
(片ほおで約30秒くらいが目安です)

img_05

ひたい全体へ、左右に吹き付けます。
(ひたい全体で約30秒くらい)

img_06

STEP.4

ヴェールをなじませる

吹き付けたヴェールの中心から、
ゆっくりと抑えるようになじませます。
指をヴェールの中心に当てて、なじませるのがポイントです。
肌になじむとヴェールは透明になります。

img_07

透明なヴェールをつけたまま、ご就寝ください。(Nightでご使用の場合)

STEP.5

ヴェールを吹き付けたあと

[1]モードスイッチを0(OFF)にする
   ●ノズルの先端をきれいにふいてください。 

[2]本体キャップをしめる
   ●必ずカチッとしまるのを確認してください。

sp_use_08

[3]スタンドに立てて保管する
   ●立てて保管しないとノズル先端で液が固まり、つまることがあります。

img_09

[4]アイガードに付着したヴェールや汚れをすぐにふきとる

STEP.6

翌朝 透明なヴェールをはがす(Nightでご使用の場合)

ヴェールの端を軽くこするように探し、端をつまんでゆっくりとはがします。
    
●はがしにくい部分は、化粧水を含ませたコットンで拭き取ってください。
  はがしたヴェールは排水溝に流さず、ごみとして捨ててください。
●いつもの洗顔やお手入れをおこなってください。

img_10

ヴェールアプリケーターの使い方


ヴェールアプリケーターに吹きつけたヴェールを肌に押しあてることで、直接吹きつけにくい部位にヴェールをつけることができます。

appli_01

ご使用方法・ステップ

appli_03

ヴェールエフェクターを顔全体に付ける

appli_04

ヴェールアプリケーターでヴェールを目の下などに貼りつける

詳細を見る

sp_step01

吹きつけ範囲に指をかけないようにヴェールアプリケーターを持つ

howto_01

*平らな面とカーブしている面があります。使いやすい面をお使いください。
*上半分が吹きつけ範囲の目安です。
*ヴェールが指にかかるとヨレてしまうことがあります。

sp_step02

ヴェールをヴェールアプリケーターに吹きつける

ディフューザーのメインスイッチを1(吹きつけ最小)に合わせ、ヴェールアプリケーターから約8cm(こぶし1つ分)離し、ヴェールを吹きつけます。10秒くらいが目安です。

hwto_02

*ヴェールアプリケーターの面からはみ出さないように吹きつけてください。はみ出るとヴェールがうまく肌につかないことがあります。

sp_step03

ヴェールアプリケーターを肌に押しあて、ヴェールを貼りつける。

howto_03

appli_05

ヴェールを両ほお・ひたいに直接吹きつける
*アイガードをご使用ください。

appli_06

ヴェールを肌になじませる

詳細を見る

手またはヴェールアプリケーターで、肌につけたヴェールを上からおさえ、透明になるまでなじませます。

*ヴェールが破れるため、こすらないように注意してください。

howto_04

FAQ

どうして肌表面にヴェールができるのですか?

●お肌の表面がマイナスの電気を帯びているところに、プラスの電気を帯びたヴェールが引き寄せられるためです。

ヴェールエフェクターの代わりに他社製品を使用しても大丈夫ですか?

●他社製品を使用すると、うまくヴェールにならなかったり、効果が発揮できない場合があります。ヴェールエフェクターをご使用ください。

ヴェールは夜寝る前だけでなく、日中にもつけてよいですか?
いつ使うのが効果的ですか?

●日中のご使用は、手で触れたり、擦れたりしてヴェールがはがれてしまうこともあります。夜、お休みの時にお使いいただくことをお勧めします。一晩ゆっくりとお使いいただくと、肌への効果感を実感していただけると思います。

フェイスマスクを使用する場合はいつ使えばよいですか?

●フェイスマスクをご使用になる場合は、「ヴェールエフェクター」より前のステップでご使用ください。

ヴェールを吹きつけたあと、その上からメイクできますか?

●ヴェールの上からのメイクアップはおすすめいたしません。

どのようなときにモードスイッチの1と2(吐出速度)を変更すればよいのですか?

●「1」だと少しずつ吹きつけられます。通常は「2」をお使いください。

ヴェールが肌に液状についてしまいますがどうすればよいですか?

●ノズル部分がお顔に近すぎると液状のヴェールになる場合があります。顔から約8 cm(こぶし一つ分)離し、吹きつけてください。
●ご使用時の環境によっても液状のヴェールになってしまう場合がございます。使用推奨環境の温度15 ℃~35 ℃、湿度25 %~75 %でご使用ください。

モードスイッチを0にするのを忘れてしまったが、大丈夫ですか?
ノズルが詰まったり、電池が減ってしまったりしないですか?

●ノズルのつまりの原因にはなりません。また電池の減りもほとんど影響はありません。ただし、モードスイッチが0でない状態で、メインスイッチを誤って押すと、ヴェールや液が出てしまったり、静電気が発生する可能性があります。またそれに伴って電池が減ってしまう可能性がございますので、使用後は必ずモードスイッチを0にしてください。

朝になるとヴェールが剥がれてしまっているが、どうしたらよいですか?

●ヴェールの量が少なかったり、ヴェールエフェクターの量が少ないのかもしれません。適量のヴェール(片ほお30秒吹きつけ目安)と適量のヴェールエフェクター(2~3プッシュを全顔)をご使用ください。

目元にも使用したいのですが、使えますか?

●目に入ることがあります。目元へのご使用はしないでください。
アイガードを同梱しておりますのでアイガードをご使用ください。

他人の顔や手に吹きつけることはできますか?

●他人に対して吹きつけることはできません。必ずご自身に対してお使いください。商品の特性上、メインスイッチに触れている人にヴェールは引き寄せられるためです。

本体や付属品のお手入れはどのようにしたらよいですか?

●乾いた布、ティッシュなどで優しく拭いてください。強くこすると傷になります。また、エタノールなどの溶剤を含む液で拭くと、塗装剥がれやひび割れなどが発生します。

ヴェールポーションを本体に入れたまま長期保管しても大丈夫ですか?

●ヴェールポーションのノズルを押し込んだあとは、早めに(3か月程度)使いきってください。長く放置すると、乾燥により、つまることがあります。
●乾燥によるつまりを防ぐため、開封後は少なくとも月に1回程度、ご使用いただくか、ノズルの先端から液を出す作業(通液)をしていただくことをおすすめします。
●保管する場合はスタンドに立てて保管してください。

ディフューザーにポーションをセットした状態で、飛行機に乗っても大丈夫ですか?(手荷物として飛行機に持ち込みたい、あるいは荷物預け)

●ポーションは、航空法で定める航空危険物に該当します。直接航空会社にその旨をお伝えいただき、ご確認ください。

航空便で海外などに輸送したいが大丈夫ですか?

●ポーションは、航空法で定める航空危険物に該当します。輸送業者にその旨をお伝えいただき、ご確認ください。

使用中に静電気を感じましたが安全ですか?

●製品の仕様上、静電気を感じることがありますが日常生活の静電気と同等で人体に影響を与えないレベルであることを確認しています。安全性上の問題はありません。

プラスの電気を帯びたヴェールを肌に吹きつけるのは、体に悪い影響を与えませんか?

●吹きつけられたあと、ヴェールのプラスの電気は、徐々に中和され元の状態に戻りますので、身体に影響を与えることはございません。どうぞご安心ください。

ヴェールが肌を覆っている際は空気を通すのですか?

●ヴェールは1本の極細繊維が折り重なってできているため、通気性が良いことが確認されています。

にきびや吹き出物といった炎症があるのですが、使用しても大丈夫ですか?

●炎症部位を避けてご使用ください。

目に入ったのですが問題ないですか?

●目への安全性は確認しておりますが、目をこすらないで、流水で十分に洗い流してください。異常が残る場合は、眼科医へご相談ください。

先端から液が垂れているのですが異常ですか?

●本体キャップを閉めていない場合、液が漏れますので、使用後は本体キャップを手でカチッと閉めて保管してください。本体キャップがちゃんとはめられているかどうかを確認してください。それでも漏れてくるようでしたらお買い上げのお店にご相談ください。

本体のヴェールポーション挿入口に水や液、異物が入ってしまいましたがどうすればよいですか?

●お買い上げのお店にご相談ください。

日中ご使用の場合

【下記のような場合の使い方のポイント】

※ヴェールの持続・しっとり感・はがしにくさ・仕上がりに影響を感じる場合があります。また、組み合わせる製品によって、よれやはがれが生じやすくなることがあります。

Q. 普段ファンデーションを使わない日は日焼け止め乳液(日焼け止め専用品・化粧下地・日中用乳液など)を塗った後、おしろいを使っています。ヴェールポーションの後におしろいを使う場合のポイントはありますか?

A. ヴェールポーションを吹きつけた後、おしろいを やさしくおさえるようにして塗ります。
(おしろいを重ねる際にヴェールのめくれが気になる場合は、専用アプリケーターでヴェールをやさしくおさえてからおしろいを塗布するとめくれが起きにくくなります)

Q. 色がついた日焼け止め乳液(日焼け止め専用品・化粧下地・日中用乳液など)を使用しています。ヴェールエフェクターを重ねる際にムラになるのを防ぐ方法はありますか?

A. お使いの日焼け止め乳液(日焼け止め専用品・化粧下地・日中用乳液など)と混ざらないために、日焼け止め乳液をつけた後、ヴェールエフェクターを手のひらに広げ ハンドプレスするように表面にのせます。
※日焼け止め乳液がきちんとなじむまで少し時間を置いてからヴェールエフェクターを重ねることをおすすめします。

ヴェールアプリケーターについて

素材について

ヴェールアプリケーターはどのような素材でできているのですか。

●ヴェールディフューザーの電気の力でヴェールがきれいに吹きつけられるように、アプリケーターに特殊な表面加工をした素材です。

普通のファンデーションのスポンジで代用できますか。

●ヴェールアプリケーターはヴェールディフューザーの電気の力でヴェールがきれいに吹きつけられるように、特殊な表面加工をした素材で、目の下などに貼りつけやすい大きさと形をしております。一般的な化粧用スポンジではヴェールをきれいに吹きつけたり、目の下にうまく貼りつけることができません。

お手入れ方法について

ヴェールアプリケーターの洗い方を教えてください。

●うすめた中性洗剤を使い、指先で軽く押すように洗います。よくすすいでから、水気をきり、かげ干ししてください。
熱湯の使用や、つけ置き洗いはお避けください。ケースにしまうときは、よく乾かしてください。

ヴェールアプリケーターにヴェールを吹きつけたとき、液が飛び、白く固まってとれなくなりました。どうしたらよいですか。

●ヴェールアプリケーターに白い固まりがついたままご使用いただくと、ヴェールがうまく貼りつかないことがあります。
ヴェールが白く固まってしまったときは、アルコールを含むウェットティッシュなどで優しくふきとったあと、うすめた中性洗剤で洗い、よくすすいでから乾かしてください。

どうして白い固まりがついてしまうのですか?

●ヴェールアプリケーターとヴェールディフューザーの距離が近すぎるとヴェールにならず液状に飛んでしまいます。
液が吹きつけられたヴェールの上に飛んでしまうと、ヴェールが溶けて白く固まってしまうことがあります。
液が付いた時はヴェールを剥がしてやり直してください。

どのくらいの頻度で洗えばいいですか?

●ヴェールアプリケーターからヴェールが剥がれにくくなるなど、または汚れが目立つようになったら洗うようにしてください。

ヴェールエフェクターがついたら洗った方がいいですか?

●汚れが目立つようになったら洗うようにしてください。

貼りつけた後、ヴェールアプリケーターにヴェールが残った場合はどうすればいいですか?

●ティッシュペーパーなどで表面を軽くこすり、取り除いてください。

使用方法について

ヴェールアプリケーターが濡れたまま使っても良いか?(洗ってすぐに使ってよい?)

●洗浄後は乾燥させてから使うか、またはある水気をある程度絞ってからお使いください。
(濡れていても使用する事は可能です)

目元へ一回で適用することが出来ないのですが?

●2回に分けるなど、ご使用したい部位の大きさに合わせてお使いください。

バイオミメシスヴェールの顔への吹きつけと貼りつけの順番は逆だと不具合がありますか?

●先にヴェールアプリケーターで貼りつけた後に、顔に吹きつけるとしっかりとした膜が出来ます。
順番を逆にすると剥がれてしまう事があります。

ヴェールが指にかかってしまいます。

●ヴェールアプリケーターを指でつままず、手の平に置くように持ち、ヴェールを吹きつけてください。

机の上に置いて吹きつけるとうまく吹きつけれられません。

●商品の特性上、ヴェールディフューザーのメインスイッチに触れながら反対側の手でヴェールアプリケーターを持つことでヴェールがきれいに吹きつけられます。必ず手にヴェールアプリケーターを持って吹きつけてください。

なぜスイッチ1にして吹きつけるのですか?

●1だと少しずつヴェールが出るため、ヴェールアプリケーター上に均一な膜を作りやすいためです。

ヴェールをヴェールアプリケーターにうまく吹きつけられません。

●デバイスを使用する際に、湿度が高すぎたりすると、狙い定まらなかったり、綿状になるなど、うまく吹きつけられないことがあります。推奨環境は温度15~35℃、湿度25~75%です。
●液マークで液を十分に出してから(もしくはノズルをスティックで清掃してから)使用してください。
●エアコンなどの風の影響がない場所でご使用ください。

ヴェールアプリケーターはどこに使用すればよいですか。

●目の下や鼻の脇(ほうれい線)など、ヴェールを直接吹きつけにくい部位にご使用ください。
なお、上瞼や毛が生えている部位(眉毛など)にはうまく貼りつけることができないため、使用しないでください。

ヴェールが肌にきれいに貼りつきません。

●肌が乾いていると肌に貼りつかないため、必ずヴェールエフェクターをつけたあとにご使用ください。
●ヴェールアプリケーターの表面が汚れていたり、ヴェールの残りかすがついているとうまくはりつかないことがあります。ヴェールアプリケーターをきれいにしてからお使いください。
●肌への押し当て方が不十分だと、ヴェールアプリケーター側に残ることがあります。ヴェールアプリケーター全体を肌に均一に押し当てて、肌側に上手く貼りついているのを確認しながらご使用ください。

ヴェールを貼りつける以外の用途はありますか?

●肌に吹きつけたヴェールを押さえてなじませる時にもお使いいただけます。その際は、こすらず、上から押し当てるようにお使いください。

自分の化粧品(ex.シワ美容液)と併用して目元、ほうれい線などに使用しても大丈夫でしょうか?

●ご自身の化粧品の使用ステップは変えずにご使用いただけます。お手入れの一番最後にバイオミメシス ヴェールシリーズをご使用ください。

ヴェールが白く浮いてしまう事があるのですがどうしたら良いですか?

●白く浮いてしまう事があるようでしたらヴェールの上からヴェールエフェクターをタッピングするように足してご使用ください。

貼りつけ→吹きつけと書いてあるが、先に両頬、額へ吹きつけてしまった。あとからヴェールアプリケーターで目元などに貼りつけても使用できるか?

●順番を逆にすると、ヴェールアプリケーターから肌へヴェールが貼りつきにくくなります。先にヴェールアプリケーターでヴェール貼りつけてから、顔に直接吹きつけてください。

肌の悩みや美容に関するご質問、商品の選び方・
使い方など、お気軽にお問い合わせください。

icon_tel

0120-256-271

電話受付時間の詳細についてはお問い合わせページをご確認ください。
 

取扱店舗・体験予約

〈取扱店舗一覧〉

全国の有名百貨店のエストコーナーで
お求めいただけます。

※一部取り扱いのない店舗がございます。

店舗検索

BEAUTY BASE Kao

東京都中央区銀座三丁目4番12号 文祥堂銀座ビル 1F
TEL:03-3561-2600

〈体験予約〉

BEAUTY BASE Kao

銀座BEAUTY BASE by Kaoにて、
バイオミメシスヴェールの体験予約を受け付けております。

BBK 体験予約

  • 100年肌と生きる。 FUTURE SKIN by Fine Fiber Technology

FUTURE SKIN by Fine Fiber Technologyは、
花王の「ファインファイバー技術」から生まれました。
コンセプト、プロダクト、最新のお知らせなどをご覧いただけます。


  • SHOP LIST

  • est_onlineshop_bnr

  • est WEB MEMBER

  • @cosme

  • instagram

  • LINE エスト公式アカウント

花王ソフィーナお肌の相談室 お肌の悩みや美容に関するご質問、商品の選び方・使い方など、お気軽にお問い合わせください。

花王ソフィーナお肌の相談室 お肌の悩みや美容に関するご質問、商品の選び方・使い方など、お気軽にお問い合わせください。

花王ソフィーナお肌の相談室 お肌の悩みや美容に関するご質問、商品の選び方・使い方など、お気軽にお問い合わせください。

Page Top