ソフィーナの「モノづくり」

成分開発と製品化

ー肌への高い効果を求めてー

ソフィーナは生体の営みから学んだ事実をもとに、肌に無理なく、高い効果をもたらす成分を追求しつづけています。
そしてさらに、製品になった状態で、お客様の肌の上で、確かな効果を実感していただけることにこだわり、製品開発を行っています。

コンピューターケミストリーで分子レベルから解析

たとえば、角層の中でうるおいを保つ「セラミド」。
そのはたらきは解明されても、実際の製品に取り入れるには、十分な量を、お肌に届きやすい形で、配合することが必要です。

当時、天然セラミドは1mg数万円もする大変貴重な物質。効果の出る量まで配合するのは、とても大変なことです。

生活状況や肌の悩みもきちんと把握します

そこで、花王は、「セラミド」と同じはたらきをする成分の開発に取り組みました。
最先端のコンピュータケミストリーを駆使して、天然のセラミドと似た構造の分子を設計。
何十種類もの候補の中から、安全性を考慮して最適な分子構造を選びぬき、天然セラミドと同様のはたらきを発揮する成分の開発に成功しました。

天然のセラミドをもとに、成分を開発

そして、独自の乳化技術、配合技術を使うことで、お肌に無理なく、 効果的に「セラミド」のはたらきをお届けできる化粧品として製品化が実現したのです。

天然のセラミドをもとに、成分を開発

Page Top