エスト バイオミメシス ヴェール

HOW TO

ご使用ステップ


夜のお手入れの最後にお使いください。

sp_howto_step

使い方動画

ヴェールアプリケーターの使い方

使う前の準備

使っている際の注意

〈POINT 1〉距離感に注意

〈POINT 2〉使用部位に注意

ヴェールが出にくくて困ったとき


AR How To

AR技術で一人ひとりに合わせた
使い方をレクチャーします。
LIVEカメラでお試しいただくため、
スマートフォンをご利用ください。

下記のQRコードを読み込んでください。

est_qr_ja

推奨環境

iPhone:iPhone7以上/iOS12以上
Android:OS7.0以上

  • スマートフォンよりご利用ください。※パソコンではご利用頂けません。
  • カメラ機能などでQRコードを読み取り、URLをブラウザで開いてご利用ください。
  • LINEやYAHOO!等のアプリではご利用頂けません。最新版ブラウザ(Safari/Chrome)でご利用ください。
  • 推奨環境であっても、一部対応できない機種がございます。
  • 通信状況によっては、つながりにくい場合がございますのでご了承ください。※Wi-Fi環境でご利用ください。
  • カメラを利用したコンテンツのため、カメラへのアクセスを許可してご利用ください。

ARHowToを使いこなすコツ

コツ1.
スマホをたてかけてからスタート!

anim_tips01

コツ2.
2回目以降は、カンタンアクセス!
ショートカットを作成しよう。

[Chromeの場合]

img_browser_chrome

メニュー機能のアイコン(赤枠)から
ホーム画面に追加

[Safariの場合]

img_browser_safari

メニュー機能のアイコン(赤枠)から
ホーム画面に追加


お使いになる前の準備


sp_no01

ヴェールポーションのノズルを押し込む

“ノズル”と袋の上部の“硬い部分”を持ち、
下に向かって強めに押し込みます。

sp_prepare_01

・グレーの部品と白い部品の間のすき間が見えなくなるまで押し込んでください。
・押し込まないと液が出ず、ご使用になれません。

sp_no02

ヴェールポーションをセットする

ヴェールディフューザーのカバーを外し、
挿入口にヴェールポーションを図の向きにセットします。
カバーをカチっという音がするまでしめます。

sp_prepare_02

使い方


sp_step01

ヴェールエフェクターをつける

ヴェールエフェクターをポンプ2~3押し分手に取り、
顔全体になじませます。

sp_use_01

sp_step02

通液を行う

モードスイッチをしずくのマークに合わせ、メインスイッチを押して、ノズルの先端に液がしずく状にたまるまで出します。
(液はティッシュでふきとってください)
●“通液”とは吹きつける前に内容液をしずくのままノズル先端まで出す作業のことです。 

※ヴェールディフューザーを使用するたびに毎回行います。

sp_use_02

[ 使用環境 ]
リビングや寝室など、湿度が低い場所でお使いください。
●お風呂場の近くなど、湿度が高すぎる場所だとヴェールがうまく出ない場合があります。

使用推奨環境
・温度 15 ℃ ~ 35 ℃
・湿度 25 % ~ 75 %

use_env_01

sp_step03

ヴェールを吹きつける

[ヴェールアプリケーターを使用する場合]
ヴェールアプリケーターでヴェールを肌に貼りつけたあと、ヴェールディフューザーでヴェールを両ほお・ひたいに直接吹きつけます。

use_env_02

[ご使用部位]両ほお・ひたいに使用してください。
目のまわりへのご使用はお避けください。

モードスイッチを2(吹き付け量標準)に合わせ、ヴェールディフューザーを図のように持ちます。

吹きつける際に、まつ毛についたり、目に入る場合があるので、付属のアイガードを目のまわりにあてながら吹きつけてください。

sp_use_03

顔から約8cm(こぶし1つ分)離し、ほおの外側から、
内側に向かって、ジグザグにゆっくりと吹きつけます。

sp_use_04

吹きつけたところが白くなるくらい、ゆっくり吹きつけます。
(片ほおで30秒くらいが目安です)

sp_use_05

ひたい全体へジグザグに吹きつけます。
(ひたい全体で30秒くらいが目安です)

sp_use_06

sp_step04

ヴェールをなじませる

吹きつけたヴェールの中心から、
ゆっくりと押さえるようになじませます。
指をヴェールの中心に当てて、なじませるのがポイントです。
肌になじむとヴェールは透明になります。

sp_use_07

透明なヴェールをつけたままご就寝ください。

sp_step05

ヴェールを吹きつけたあと

[1]モードスイッチを0(OFF)にする

●ノズルの先端をきれいにふいてください。

[2]本体キャップをしめる

●必ずカチッとしまるのを確認してください。

sp_use_08

[3]スタンドに立てて保管する

●立てて保管しないとノズル先端で液が固まり、つまることがあります。

sp_use_09

[4]アイガードに付着したヴェールや汚れをすぐにふきとる

sp_step06

翌朝 透明なヴェールをはがす

ヴェールの端を軽くこするように探し、端をつまんでゆっくりとはがします。

●はがしにくい部分は、化粧水を含ませたコットンで拭き取ってください。
はがしたヴェールは排水溝に流さず、ごみとして捨ててください。
●いつもの洗顔やお手入れをおこなってください。

sp_use_10

ヴェールアプリケーターの使い方


ヴェールアプリケーターに吹きつけたヴェールを肌に押しあてることで、直接吹きつけにくい部位にヴェールをつけることができます。

appli_01

ご使用方法・ステップ

appli_03

ヴェールエフェクターを顔全体に付ける

appli_04

ヴェールアプリケーターでヴェールを目の下などに貼りつける

詳細を見る

sp_step01

吹きつけ範囲に指をかけないようにヴェールアプリケーターを持つ

howto_01

*平らな面とカーブしている面があります。使いやすい面をお使いください。
*上半分が吹きつけ範囲の目安です。
*ヴェールが指にかかるとヨレてしまうことがあります。

sp_step02

ヴェールをヴェールアプリケーターに吹きつける

ディフューザーのメインスイッチを1(吹きつけ最小)に合わせ、ヴェールアプリケーターから約8cm(こぶし1つ分)離し、ヴェールを吹きつけます。10秒くらいが目安です。

hwto_02

*ヴェールアプリケーターの面からはみ出さないように吹きつけてください。はみ出るとヴェールがうまく肌につかないことがあります。

sp_step03

ヴェールアプリケーターを肌に押しあて、ヴェールを貼りつける。

howto_03

appli_05

ヴェールを両ほお・ひたいに直接吹きつける
*アイガードをご使用ください。

appli_06

ヴェールを肌になじませる

詳細を見る

手またはヴェールアプリケーターで、肌につけたヴェールを上からおさえ、透明になるまでなじませます。

*ヴェールが破れるため、こすらないように注意してください。

howto_04

  • @cosme

  • instagram

  • est WEB MEMBER

Page Top